トレンディートピックスの宝箱!

白鳥玉季は赤ちゃんの頃から可愛い?デビュー作や初CMなど生い立ち・経歴が凄い!

2020/07/15
 
白鳥玉季は赤ちゃんの時から可愛い?生い立ちやデビューのきっかけ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

映画『ステップ』で、山田孝之さん演じる武田健一の娘役・美紀を演じる事になった白鳥玉季ちゃん

過去に出演したドラマ、『凪のお暇』での白石うらら役や、『テセウスの船』での佐野鈴役などでは、演技力が高く評価されており、今回の映画への期待も高まっています。予告を見て『すでに泣きそう…』との声も多いです。

実は、玉季ちゃんは子役でありながら、過去に出演したCMは17本映画は7本ドラマは15本とすごい経歴の持ち主なのです!演技力に定評がある玉季ちゃんですが、見た目の可愛いらしさも人気の理由のひとつ。

今回は、白鳥玉季ちゃんの詳しいプロフィール可愛いと言われる赤ちゃんの頃の画像デビューから現在に至るまでの生い立ち・経歴についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

白鳥玉季のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

白鳥 玉季(@shiratori_tamaki)がシェアした投稿

  • 名前 : 白鳥玉季(しらとりたまき)
  • 生年月日 : 2010年1月20日(10歳・小5)
  • 出身地 : 東京都
  • 所属事務所 : スマイルモンキー
  • 特技 : 笑顔 バランスボール レモンの丸かじり
  • 趣味 : 詩を書く 本を読む

好きなことは身体を動かすことで、学校の休み時間は友達と校庭を走りながらおしゃべりしているそうです!通っている小学校についての詳しい情報はわかってはいませんが、玉季ちゃんは東京都出身ということなので、都内の学校に通っているのではないかと思われます。

また、詩を書くことも好きなようで、インスタグラムで#たまきのけだまというハッシュタグを添えて詩の朗読をしています!けだまというのは、『こだまする』から連想されたものみたいですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

《くもがぼくに》 とんびそらた 💭#たまきのけだま #詩を書くのが好き #詩 #創作 #白鳥玉季 #スマイルモンキー

白鳥 玉季(@shiratori_tamaki)がシェアした投稿 –

小学校の授業でよくある、20歳の自分に宛てるタイムカプセルには、10年後の自分に宛てて書いた自作の詩を入れたいそうです。朗読している玉季ちゃんの声が可愛いですね!今後は、声優さんやナレーションなんかにもチャレンジしてみても良さそうです。

また、最近の玉季ちゃんの願い事は、『大好きなぬいぐるみと話せたらいいな!』だそうです。そのぬいぐるみとは、『凪のお暇』の撮影帰りに雑貨屋さんで一目惚れしてお母さんに買ってもらったというハリネズミのハリーちゃん!マフラーやネクタイをつけて、大事にしている事が分かります。ハリーとはいつも一緒にいるそうで、撮影現場にも持って行き、共演者の方とも一緒に写真を撮ったりしていました。

白鳥玉季の宝物のハリネズミのハリー

白鳥玉季が親友のハリーと一緒に出かけている子役として演技をしている姿を見ていると、大人顔負けの演技力で、クールや大人っぽいといった印象がありますが、ぬいぐるみを大切にする10歳らしくて可愛らしい一面を持っています。

 

そんな玉季ちゃんですが、どういう経緯で芸能界に入ることとなったのか気になりますね。子役に選ばれているので、赤ちゃんの頃から可愛かったのではないか?と予想している人が多かったのですが、どうなのでしょうか?

白鳥玉季は赤ちゃんの頃も可愛いかった!

白鳥玉季ちゃんが赤ちゃんの頃が可愛かったことが分かる写真はインスタグラムにありました。玉季ちゃんのインスタグラムは2020年5月2日に開設されたばかりで、フォロワー数も1000人ちょっと。まだあまり知られていませんので公式アカウントになるのはもう少し先かもしれません。マネージャーさんが管理しているそうです。

白鳥玉季が赤ちゃんの頃から可愛かった画像

白い肌に、くりっとした大きな目が印象的で目を引きます。赤ちゃんの頃からぱっちり二重で目力があったんですね!笑った時に両頬に出るエクボもとっても可愛らしいです。

現在は特技がバランスボールの玉季ちゃんですが、赤ちゃんの頃はボールプールが好きだったそうです。小さい頃から身体を動かして活発に遊んでいたようですね!もう1つの特技である笑顔は、この頃からしっかり発揮していたんですね。きっとこの笑顔で、ご両親や親戚など周りの大人たちをメロメロにしていたことでしょう。

スポンサーリンク

白鳥玉季のCM・ドラマ・映画のデビュー作は何?

白鳥玉季が可愛い初CMで鶴瓶と共演赤ちゃんの頃から可愛かった玉季ちゃんが芸能界に入ったのは1歳の頃だったと言われています。

芸能界入りしたきっかけがオーディションなのか、スカウトなのかは公表されていませんが、1歳の時に明治乳業が販売している『らくらくキューブ』のVP (Video Packageといい、商品紹介に使うために制作する映像)に出演して芸能界デビューを果たした事が分かっています。

その時の画像や動画を探してみましたが、残念ながら見当たりませんでした。事務所で宣材写真やプロフィールを公開するようになったのが4歳の頃からだったようです。

白鳥玉季が4歳の頃の宣材写真

プロフィールの内容も現在のものと少し違っていて成長を感じますね。誰目線?という感じですが笑

冒頭で玉季ちゃんの経歴の凄さについて少し触れましたが、過去に17本のCM15本のドラマ7本の映画、に出演しています。

それぞれのジャンルごとの初出演の作品を時系列で振り返ってみたいと思います。CMやメイキング映像もあるので、可愛い玉季ちゃんを見ていただけたらと思います!

白鳥玉季の初CMは『ミネラル麦茶』

玉季ちゃんが初めて出演したCMは、2014年版である伊藤園のミネラル麦茶のCMでした。当時4歳だった玉季ちゃんはこのCMで初めてテレビに出演することとなりました。なんと、鶴瓶さんと共演していたんですね。

ねじり鉢巻にハッピ姿で、元気にうちわで仰ぐ姿や『元気だよー?』の声がとっても可愛いです!声が可愛いのは今も変わらずですが、喋り方が幼いのでさらに可愛さが増して感じられますね。最後の『ぷはーっ』の表情もたまらなく可愛いです!

白鳥玉季が初出演のドラマは『とと姉ちゃん』

白鳥玉季初の連続テレビドラマとと姉ちゃん青葉役玉季ちゃんは、2016年に放送された連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、主演の坂口健太郎さん演じる星野の娘・青葉役を務めた事で注目を浴びました。かっぱ頭が特徴的な昭和感の漂う子供役で可愛いと評判でしたね。兄の大樹とのやりとりも微笑ましく、ほっこりするシーンが満載でした。この時、玉季ちゃんはまだ1年生でしたが、初のドラマ出演とは思えないほどの自然体の演技で、玉季ちゃんの演技力が高く評価されていました。

白鳥玉季のスクリーンデビューは『永い言い訳』

玉季ちゃんが初めて映画に出演したのは、本木雅弘さん主演の映画『永い言い訳』です。『とと姉ちゃん』が放送された年と同じ、2016年10月14日に公開されました。監督は西川美和さんで、

交通事故で妻が他界したものの悲しみを表せない小説家が、同じ事故で命を落とした妻の親友の遺族と交流を深める様子を映した作品

です。玉季ちゃんが演じたのは、主人公の妻の親友の遺族である大宮陽一の長女・灯役でした。長男役の藤田健心くんと共に撮影に挑む愛らしい姿がメイキング映像で見ることができました。

西川監督は、元々子役たちに演技を強いることに抵抗を感じていたそうなのですが、撮影中に体も精神も成長していく子役の二人は想定を遥かに超える子役たちだったと振り返っています。

 

4歳にして、鶴瓶さんと共演していたり、6歳でドラマや映画に出演を果たしていた白鳥玉季ちゃん。当時から演技について評価されていた訳ですが、その後も『凪のお暇』『テセウスの船』など数多くの作品に関わり、さらに表現力の磨きがかかっていることが予想されます。最近では、雪印メグミルクミツカンのCMにも出演していました。

白鳥玉季は赤ちゃんの頃から可愛い?デビュー作や初CMなど生い立ち・経歴が凄い!のまとめ

今回は、

  • 白鳥玉季ちゃんのプロフィール
  • 可愛いと言われる赤ちゃんの頃の画像
  • デビューから現在に至るまでの生い立ち・経歴」

についてみてきました。

白鳥玉季ちゃんのプロフィールを見ると、演技で見せている大人びた表情や振る舞いとは裏腹に、10歳という年相応の可愛らしさがあることがわかりました。

また、玉季ちゃんは赤ちゃんの頃からパッチリ二重で目力があり、笑うとエクボができて笑顔のよく似合う女の子でした

1歳の時に明治乳業のらくらくキューブで芸能界デビューを果たし、初めて出演したミネラル麦茶のCMでは鶴瓶さんと共演していました。

7月17日に公開される映画『ステップ』での演技も気になりますね。玉季ちゃんは美紀役の6~8歳を演じています。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© Tre Topi BOX , 2020 All Rights Reserved.