阿部一二三の家族構成まとめ!父親が消防士で母親が経営者、兄と妹も柔道選手!

オリンピック代表を、兄弟揃って勝ち取った阿部一二三選手と妹の阿部詩選手が、金メダル候補と注目されてますね!

オリンピック選手を2人も育て上げた阿部一二三選手の、ご両親はどのような方なのでしょうか?

また、阿部一二三選手阿部詩選手は、どのような家族の中で育ってきたのか気になりますね!

噂では、父親が消防士で、母親が経営者なんだとか!

阿部一二三選手は、幼少期から兄弟揃って柔道に取り組んでおり、妹の詩選手が強いことはもちろん、兄も柔道の経験がありました!

そこで今回は、阿部一二三選手と妹の阿部詩選手の家族構成や、兄弟について徹底調査していきます!

オリンピック選手記事!

楢崎智亜は宇都宮北高校出身で山岳部だった!大学は医学部?経歴&学歴まとめ

阿部一二三の家族構成と兄弟構成を調査!

阿部一二三の家族構成・兄弟構成まとめ!

引用:Instagram

始めに、阿部一二三選手の家族構成について見ていきましょう!

阿部一二三選手の家族構成について調べてみると、父親、母親、兄、阿部一二三選手、妹の阿部詩選手の5人家族である事が分かりました。

父親はイケメンでダンディー、消防士をしている阿部浩二さん、母親は実家神戸市にある喫茶店を継ぎ、現在経営者としてお店で働く阿部愛さんです。

ご両親に柔道の経験はありませんが、幼少期から力がありあまりじっとしていられない性格であった阿部一二三選手にスポーツをやることを勧めたと言います!

さらに、阿部一二三選手の兄弟構成は、2歳年上兄・阿部勇一朗(あべゆういちろう)さんと、3歳年下妹・阿部詩(あべうた)さんの3人兄弟であることがわかっています。

阿部一二三選手は3兄弟の次男で、幼少期は妹だけでなく兄も柔道を習っており、3人で柔道場に練習に通っていました!

阿部一二三選手の兄弟の生年月日まとめ

  • 阿部勇一朗:1995年?月?日
  • 阿部一二三:1997年8月9日
  • 阿部詩:2000年7月14日

阿部一二三選手と家族が、取材を受けた時の動画がありました!

阿部一二三選手の家族は、とても仲が良く、父親と妹の詩さんがおしゃべりで、母親と阿部一二三選手が穏やかな性格のようですね!

それでは、阿部一二三選手の家族について、詳しく見ていきましょう!

阿部一二三の父親の職業は消防士!【顔画像】

阿部一二三の父親の職業は消防士で阿部浩二!

引用:NEWS Media

阿部一二三選手の父親が消防士だという噂がありましたので調査してみると、消防士として地元神戸市の消防署で働いていることがわかりました!

阿部一二三選手の父親の名前は阿部浩二さんと言い、年齢は2021年4月で50歳、現在は地元の神戸市で消防士として働くイケメンなパパです!

阿部一二三選手の父親は柔道の経験が全くありませんが、小学生の頃に競泳のバタフライで全国大会入賞を果たした経歴を持ち、運動神経が抜群なことがわかっています。

しかし、阿部浩二選手の父親・阿部浩二さんは身長161cmで体格が小さめだったため、中学生になると他の選手と体格の差ができてしまい、成績が伸び悩んでしまいました。

そのため、息子の阿部一二三選手には階級のあるもので勝負できる、柔道やレスリングといったスポーツをいてもらいたいと考えており、「一二三やったら世界一になれるでえ」と柔道をやれるよう促す言葉をかけたと、過去の取材で答えていました。(引用:朝日新聞

2017年9月10日に情熱大陸に出演した阿部一二三選手は、柔道を始めたきっかけについて、6歳の時にテレビで偶然柔道を見て「かっこいい」と思ったからと話していますが、実際は父親の言葉に影響を受けていたのかもしれませんね!

阿部一二三と父親の練習法!

阿部一二三の練習方法は?

引用:インスタグラム

阿部一二三選手は、元々柔道の才能があるタイプではなく、幼少期は女の子にも投げられてしまっていました。

阿部一二三選手が試合に負けて悔しむ姿を見て、父親の阿部浩二さんがトレーニングメニューを考えるようになり、ランニング階段ダッシュに加え、ラダートレーニングメディシンボールなど体幹を鍛えるために工夫を凝らしたメニューをこなし、バスケットボール大の重さ2キロのトレーニングボールを上や横に投げたり、柔道で使う筋肉を意識して腰や腕をひねる「円の動き」も取り入れたそうです。

阿部一二三選手の父親は、柔道は素人でしたが、阿部一二三選手のことを一番理解し、我が子の為に一生懸命メニューを考えてサポートしてきたことで有名です。

父親のサポートもあり、阿部一二三選手は毎日約6時間にも及ぶ自主練習メニューで、練習試合では年齢や階級が上の選手を相手に、1日30試合近くをこなしたと言われ、センスよりも努力をして着実に実力をつけてきました。

阿部一二三の母親の職業は喫茶店の経営者!

阿部一二三の母親は阿部愛で神戸市で喫茶店の経営者!

引用:毎日新聞

こちらの画像の左側に写っている可愛らしい雰囲気の女性が、阿部一二三選手の母親になります。

阿部一二三選手の父親が小柄ということでしたが、母親の方がさらに小さいので、身長は150くらいだと思われます。

阿部一二三選手の母親が経営者だという噂がありましたので調査してみると、神戸にある実家の両親が経営していた喫茶店を継いで、経営者として働かれていることがわかりました。

阿部一二三選手の母親の名前は阿部愛さんと言い、年齢については公開されていませんでしたが、父親が50歳であるため、母の阿部愛さんも50歳前後だと思われます!

阿部一二三選手は、2017年9月10日に情熱大陸に出演した際に、母親が作る料理で好きなものを『ラタトゥイユ』だと答えていました。

ラタトゥイユとは、フランス南部プロヴァンス地方・ニースの郷土料理で、玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニなどを使った野菜の煮込みです。

スポーツ選手である阿部一二三選手や、妹の阿部詩選手の栄養バランスを考えて、身体作りに関わる食事面でサポートしていることがわかりますね!

喫茶店を継がれているくらいですから、阿部一二三選手の母親の料理の味は美味しいこと間違いなさそうです!

ちなみに、阿部一二三選手は、小学生の頃から大事な試合の時に赤い勝負パンツを履くことがルーティーンのようですが、母親の阿部愛さんの勧めでした!

赤は風水的に運気を上げるカラーと言われていますので、阿部一二三選手を勝利に導いてくれるようにかもしれませんね!

阿部一二三の母親の喫茶店はどこ?

2017年に阿部一二三選手が情熱大陸に出演した際に実家の映像が映り、母親・愛さんが経営する喫茶店が兵庫県戸田市の和田岬にあることがわか理ました。

阿部一二三選手の母親が経営する喫茶店は、神戸にある小さな喫茶店で、店内にはカウンターもいれて15名ほどお客さんが入れるくらいの席があります。

過去に情熱大陸で取材された際に家族で食事をしていた場所が、阿部一二三さんの母親が経営する喫茶店で、店内の様子が映っていました!

阿部一二三選手の母親が経営する喫茶店の名前は『アンシー』なのではないかと言われているようですが、証拠となる情報源がなく住所を特定することはできませんでした。

阿部一二三の兄は勇一朗で柔道経験者!

阿部一二三の兄は阿部勇一郎で柔道の経験者だった!

引用:Instagram

阿部一二三選手の兄について調べると、3兄弟で柔道を習っていたという噂が本当であることがわかりました!

こちらの画像の左上に写る男の子が阿部一二三選手の兄で、柔道着を着ていることがわかります。

一二三選手や妹の詩さんに似てはっきりとした顔立ちのイケメンで、頼もしい兄という感じが伝わってきますね。

阿部一二三選手の兄は、名前を阿部勇一郎さんといい、1995年生まれで、阿部一二三選手の2歳年上で、幼少期は阿部一二三さんと共に【兵庫少年こだま会柔道部】へ入部し柔道を習っていました。

よくあるのは、上の子の習い事に弟や妹が参加しているうちに下の子が上手くなった、というパターンですが、阿部家の場合は阿部一二三選手の方が先に柔道を習い始めました。

しかし、上級生に投げられることが怖くなった阿部一二三選手が、柔道に行きたくないと泣いたため、ご両親が阿部一二三選手の兄・阿部勇一郎さんに『一二三の面倒を見てやってほしい』と頼んだため、兄の阿部勇一郎さんは一二三選手に付き添う形で柔道に通うことになりました。

そのうち弟の阿部一二三選手が泣かないで通えるようになった事で、もともと柔道には興味が無かった兄は小学生のうちに柔道を辞めたという経緯がありました。(出典:朝日新聞

中学になって、兄・阿部勇一郎さんは水球を始めたと言われていますが、情報源は見つけることができませんでした。

しかし、中学では、阿部一二三選手も水球部に所属していたと言われたいますので、お兄さんと同じ部活動に入って一緒に練習していたのではないでしょうか!(引用:気になるすごいひと図鑑)

阿部一二三の妹は柔道五輪代表の阿部詩!

阿部一二三の妹・阿部詩のプロフィール!

阿部一二三の妹・阿部詩のプリフィール!

引用:Instagram

  • 阿部詩(あべ・うた)
  • 柔道 女子52キロ級
  • 生年月日:2000年7月14日
  • 血液型:B型
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 身長/体重:158センチ/52キロ
  • 出身校:夙川学院中(兵庫)→夙川学院高(兵庫)
  • 所属:日本体育大(東京)

阿部一二三の妹・阿部詩はオリンピック選手!経歴まとめ

阿部一二三選手の妹は、阿部一二三選手の3歳年下で、柔道でオリンピックの代表選手に選ばれた阿部詩選手です。

阿部詩選手は阿部一二三選手の柔道の先週に付き添っているうちに、自ら柔道をやりたいと言い、5歳の時から入部しています。

そんな阿部詩選手に対し、父親は「女の子だからピアノとかの方がいいのでは?」と言ったそうで、並行して柔道ピアノ、さらに水泳を習っていたそうです。

【兵庫少年こだま会柔道部】に入部すると、兄の阿部一二三選手より、妹の阿部詩選手の方が素質があると言われたといい、幼少期から柔道のセンスがあったようです!

そんな、阿部詩選手を強くするきっかけとなったのは、5年生の時の全国小学生学年別柔道大会の40キロ級で2回戦で敗退し、6年次の同大会45キロ級では1回戦で敗れたことでした。

負ける悔しさをしり、中学時代に毎日4時間ほど稽古に励むようになったことで、中学3年次には全国中学校柔道大会の52キロ級で優勝を果たします。

高校2年次にはグランドスラム東京を制覇してメダルを獲得し、3年次の2018年には兄と共に世界柔道選手権に出場しています。

2020年2月にグランドスラム・デュッセルドルフで優勝したことで、兄より先にオリンピックの出場権を手にしました。

東京オリンピックでは、兄弟そろって金メダルをてにしてほしいですね!



5分で読めるスキマ記事!

今注目の話題!